2017年09月15日

静かでを付ける環境づくり

真剣にしていると自分と静かに向き合う感覚になっていくことがありますし。 持ち物に対して、ひとつひとつどのように感じるのか丁寧に向き合っていくという作業は、まさにモノを通しての自分との対話だからです。 だからものを見極める作業の間は、なるべく静かでを付ける環境づくりが欠かせません。音楽などは一切書けないことが理想的です。たまに音楽をかけてノリノリで捨てましょうという片づけ法もあると聞きますが、そういったことをお勧めできません。せっかくの者との対話号とでも任されてしまう気がするからです。



Posted by bblo042014 at 22:20